読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAIのシンプルライフ

自分の持ち物を100%把握できる生活を目指しています

シンプルライフ 忽然と消えた4キロの犬ごはん

冬休みのはじめに届いた8キロの犬ごはん

半分の4キロは、フードボックスに移し替え

残りの半分は袋にいれたまま口だけクルクル巻いて

部屋の隅に置いておいたのですが

 

ちょっと・・・ほんのちょっと・・・

コンビニに行って帰ってきたら

その袋が忽然と消えていました

 

その袋・・・

口は無残に引き裂かれて

キッチンに横たえられていました

(中身は相当残っていたけど・・・)

 

上機嫌に口の周りをペロペロしているワンコ2号

これだけの大仕事は一人では出来ないだろうと思い

共犯と思われるワンコ1号を探すと

自分の寝床で静かに寝ていました

 

今回は、ワンコ2号の単独犯だった模様

体重9キロあまりのワンコが

4キロのフードが入った袋を引きずるなんて

想像できないけど、食べ物への執着は

凄いパワーを発揮するらしいwww

 

こんな時、普通の飼い主さんなら

ワンコを叱るところでしょうが

MAIは、「誰がやったのー???」と

ちょっと低めの声で聞くだけで

叱ったりは一切しません

 

これは、ワンコのせいではなく

置きっぱなしにしてしまったMAIのせいだから

 

MAIが気を付けていれば防げたことを

気を抜いてしまい隙を見せてしまったのだから

ワンコのせいではないと考えます

 

ワンコにとって危険な悪戯をした場合

たとえば、電気コードに噛みついたとか

そういう時だけは短くシッカリと叱ります

ま、ワンコ1号も2号も電気コードを噛み切ったのは

まだ1歳に満たない子供の頃に1回だけでしたけどね

 

人間がワンコに「してはいけない事」を押し付けるのではなく

「してほしくない事」をワンコがしない工夫をしてこそ

共同生活が出来るのかな?なんて考えています

 

ワンコは知能は高くても幼児と同じ

理性や自制心を求めてはいけません

 

ワンコ2号・・・満腹ですやすや寝ています