読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAIのシンプルライフ

自分の持ち物を100%把握できる生活を目指しています

派遣 不安になるのは自信が無いから

派遣に登録する際に

最低限のスキルチェックを受けます

日本語タイピング、数字タイピング

エクセルやワードの基本操作の確認や

適正チェックを行う会社もあります

 

そして

自分の希望を伝えます

やりたい業種

時給、勤務地、通勤時間

始業および終業時刻、残業の有無(限度時間)

 

これらをマッチングして

仕事を紹介してもらいエントリーすることもあれば

ホームページ上の仕事情報から

自分の希望に合うものを探して自分でエントリーする場合もあります

 

ここで

自分の希望する仕事に見合うスキルが有ると派遣会社側が判断し

他にエントリーされているスタッフがいなければ

派遣会社が派遣先にスキルシートを提出し

面談するか否かという話になります

 

面談に至るということは

性別、年令(本来は、人選の条件にしてはいけない)は

とりあえず問題ないと思って大丈夫ですが

実質、面談という名の面接ですから

外見・態度・返答次第では契約に至らない場合も有るわけです

 

同社の他のスタッフよりもスキルや適性があり

派遣先が求める以上のスキルが有り

面談でも好印象を残し・・・で決まるわけでは無く

大企業の場合は特に何社へも紹介依頼を出している場合があり

他社が紹介する方々よりも優位にたてないと

就業とはならないわけです

 

いくら、仕事が始まれば誰よりも頑張れる自信が有っても

就業出来なかれば仕事を見てもらうチャンスも無いわけで

使えるか否かは別としてスキルの見える化は本当に大切だと思います

 

週末は、派遣会社も派遣先も動きません

考えていても仕方がないので家仕事に専念して

スッキリしたお部屋でイイ知らせが来るのを待ちたい!!!