読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAIのシンプルライフ

自分の持ち物を100%把握できる生活を目指しています

わんこ2号突然の変化

ひとりごと シンプルライフ

わんこ2号の行動が突然変わった

 

いつもワタシのいないときには

2階のワタシのベッドを我が物顔で占拠し

ワタシがベッドに入れば

右上の定位置にポジ取りしていたのに

 

3日前から突然

1階の相方さんの布団で寝るようになった

 

1階は物が乱雑なので

基本的には出入り禁止エリアで

開閉式の柵を設けてある

今まで、未知のエリアに興味を示すことは有っても

諦めの早いわんこ2号は開いていなければ

すんなり引き返してきていたのに

3日前は、ガンとして柵の前から動こうとせず

根負けした相方さんが開かずの扉を開放したのだとか

 

それからというもの

わんこ2号さんはほとんど2階にあがってくることもなく

1階の相方さんの布団で眠っている

部屋の中を探検するでもなくタダお布団で寝ているらしい

2階にあるお水を飲みに来ることも減り、トイレに行く回数も減り

お散歩には元気に飛び出していくものの

他の時間は、ほとんど寝てこのまま冬眠してしまうのでは?と

心配になってしまうほどの変貌ぶり

 

起こして部屋から出せば

しぶしぶ2階にあがってきて水を飲みご飯を食べる

お散歩に連れ出せば元気に飛び出していく

だけど居住スペースは完全に1階

 

2階にあがってくるのが億劫になったのか?

何回かベッドから滑り落ちた経験から

お布団の安心感に爆睡しているのか?

はたまた女臭さに飽きて

男臭いところに身を置きたくなったのか?

 

見た感じは何も変わらないのだけど

この突然の行動の変化は何を意味するのか

気になって仕方ない

 

やっとわんこ1号がいなくなった空間に慣れてきたのに

わんこ2号まで2階に鎮座する姿が見えないと

なんとも寂しいもんです。。。