読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAIのシンプルライフ

自分の持ち物を100%把握できる生活を目指しています

シンプルライフ 周囲のワンコ事情

f:id:mysimiplelife:20160312191049j:plain

注意)写真はうちのワンコではありません

 

怒涛のような一週間

週末までお仕事は続きますが

それでひと段落する・・・予定です

 

休みをとって温泉へ・・・健康ランドだなw

 

今日、ワンコ2号とお散歩していたら

4か月の黒の豆柴に出会いました

まだ、お家に来たばかりなのだそうです

 

豆柴は大人になっても4kgくらいらしいので

普通の柴と比べると1/3くらいでしょうか

ちっちゃなちっちゃな柴犬です

とっても可愛かったけど

うちの近所のペットショップ価格だと60万円超えです

まったく可愛くないお値段です

庶民派の柴犬が・・・いつの間にか超高級犬種です

 

その一方で

知人のお向かいさん家の柴犬が亡くなったという話を聞きました

その家も柴犬も全く知らないのですが晩年は色々大変で

その家の奥さんは悲しみ半分、ほっとした気持ち半分だったとか

 

我が家のワンコ1号さん

階段は、抱っこしてあげおろししなきゃいけない

(↑基本、抱っこは嫌い)

ご飯は、カリカリと缶のミックスを準備しなきゃいけない

(↑14年間カリカリのみだった)

ミックスしたご飯は手の平に乗せて食べさせないといけない

(↑平衡感覚が弱いので口元に持っていかないと食べられない)

部屋をウロチョロ徘徊してフローリングの足音がうるさい

(↑対策検討中)

などなどありますが

どれもこれもワンコ1号さんが元気だからこその愚痴w

 

友人にワンコ1号はMAIの元気の源だからね~と言われ

確かにそうだ!~と思いました

 

ワンコ1号との馴れ初めは

遡る事14年前、MAIが持病を発症して2年目でした

体の痛みや心の痛みが少し癒えてきたころ

父が誕生日に犬でも買ってあげようかーなんて

冗談みたいな事を言いだし、動物は大好きなので

取りあえず見に行って見ようと出かけたところで出会いました

 

他人には絶対に勧めませんが

ある意味衝動買いのような勢いでした

大人しくMAIに抱っこされた可愛いワンコ1号からは

ほんわかとした温もりが伝わってきたのを

今でも覚えています

 

このワンコ1号があまりにも可愛く

従順で物覚えが良く手がかからなかったので

毎日のお留守番時間も長いし可愛そうだと思い

半年後に、ワンコ2号を迎えることにしました

 

ワンコ1号は

ごはんさえ食べれば生きる死ぬの病気ではありません

今までとは違って本犬は色々不自由を感じているとは思いますが

少しでも快適に過ごしてもらいたいな~と思いながら

今夜もカリカリと缶をミックスしているMAI

きちんとミックスしないと缶餌だけを上手に食べるんです

そこは甘やかしませんよーーー

 

色々と心配頂いてありがとうございます

私もワンコ1号も大丈夫です