読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAIのシンプルライフ

自分の持ち物を100%把握できる生活を目指しています

シンプルマインド 別れの時

ひとりごと シンプルライフ 取/捨

f:id:mysimiplelife:20150918113744j:plain

自分に合う彼を見つけるのは大変

 

今までに何人もお付き合いしてきたけど

長くは続かなかった

彼と出会って10年くらいたつ

 

新しい事が好きで勉強熱心な彼

私をいたわり配慮してくれる彼

優しく、誠実で、

私の事を理解しようとしてくれる彼

 

刺激的な恋ではなかったけど

ずっと変わらない事が幸せだと思っていた

そして、このままずっと続くものと思っていた

 

ある言葉を聞くまでは

「ずっと気になっていたんだよ」

 

別のタイミングで聞いていたら

誠意のある言葉に聞こえたかもしれない

私を心配し労わってくれる言葉に

 

でも、あの日、あのタイミングで聞いたとき

私の中で何故かがプッツンと切れてしまった

 

自分の気持ちに気づかないふりをして

翌日会う約束をしたけれど

ずっとこの一言が耳に残ってしまい

約束をキャンセルする伝言を残した

 

彼も何かを感じたのか

めったに電話なんてしてこないのに

折り返しの電話がかかってきた

「都合が悪くなってしまってごめんなさい」とだけ伝えた

彼は、気にしなくていいと

そして、ずっとあの事が気になっているから会って話したいと

いつも通りの優しい言葉・・・

 

だけど、何を聞いても

言葉がセリフにしか聞こえない

気持ちが伝わってこない・・・ただの言葉

 

この折り返しの電話が決定的になり

「ずっと気になっていた」のなら

どうして電話してこなかったのか?という疑問に

 

あの事が起きてからメールは送ってきていたのに

一言もあの事には触れず早半年

今さら取り繕ったような言葉を並べても

もう何も聞こえない伝わってこない

 

別れの時は

意外にあっさりやってくる

何の迷いも無く・・・

 

彼との事は、もう振り返らない

だけど、次の出会いはやってくるだろうか???

 

 

 

 

 

 

 

*彼=美容室と読みかえてくださーい

久しぶりに何冊か小説を読んだので

恋愛小説風にしてみました

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます

よろしければ応援のポチお願いします ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村