読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAIのシンプルライフ

自分の持ち物を100%把握できる生活を目指しています

一生働くのか?

仕事は嫌いではありません

どんな仕事でも取り組み方次第で

楽しくもつまらなくもなると思っています

 

が・・・

今は、仕事が楽しいとは思えない

 

派遣の仕事だからではなく

余裕資金の有る収入が得られなくて

生活するために仕事してるんだなって感じているから

 

一時期よりはだいぶシンプルな生活になり

出費も減らしたうえで派遣に転職し

収入より自分の時間を確保することを優先した

 

特別我慢している生活ではなく

切り詰めた生活をすれば少しの余裕は出るかもしれない

けど・・・ある程度切り詰めての今だから

その我慢が無理になってしまうような気もする

 

収入がまるまる生活費で消える生活

仕事がつまらないと感じるのは

不安が有るからなのかもしれない

 

何かを楽しむためには

余裕や希望が必要なのかも

 

今のままだと

一生は働かなきゃいけないのかな

退職金もなく、たいした年金ももらえず

持病をかかえているから

健康にも不安はあるし

 

それでも今の生活は不自由はない

その事には感謝したいけど

今の不安を払拭する手立てを

打たないといけなと思う今日このごろ

 

考える事は皆同じ?

朝シッカリたべて

なんとなくお昼を抜いて

おやつの時間にお腹すいたので

 

営業しているか心配だったけど

子供の頃から通っている鰻屋さんへ

 

お店が近づくと

鰻のタレのいい香りが

営業していますよーと知らせてくれて

 

3テーブルしか無い小さなお店に入ると

すでに先客が1組

ワタシたちが食べ始めた頃に

また、一組・・・これで満席w

 

日も暮れていない夕方に

うな重にくらいつく3組

考えることは皆同じなのねwww

 

 

派遣のお仕事 「伝書鳩」

f:id:mysimiplelife:20170325110932j:plain

 

ワタシの仕事のひとつは「伝書鳩

 

上司にコレをAさんに確認しといて・・・と指示され

Aさんに確認しに行くと

コレはあなたの上司が対応すべき事だと思ってたけど・・・と返され

上司に、Aさんは、コレはこちらで対応するものだと

思っていらっしゃるみたいで手配していないようですけど・・・と報告すれば

「だってアレはAさんが対応するんだからコレもAさんがやるでしょ?」

なんて伝書鳩のワタシに愚痴り始める

 

こんなの1度や2度じゃない

上司は自分の正当性をとくと語ろうとするけど

いくら語られてもワタシには関係ないし

同じことをけっしてAさんには自分で言わないので

結局、上司がやらなければいけない事なわけで

サッサと手を付ければいいのに・・・と思うだけ

 

その前に

そーいう無駄な愚痴を聞いているだけ馬鹿らしいので

「だったらAさんと直接話して下さい」と返してしまう

そして上司の機嫌を損ね

その日はギスギスした空気が流れるわけです

 

でもね、黙って聞いているより

ギスギスした空気のほうが

ワタシにとっては気楽なのですw